読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車が好きだ

自転車

自転車はイイ。すばらしい。ステキ。
いろんな自転車に乗りたいのだけど、尻が1つしかないので複数同時に乗ることができないのは残念。

自転車が好きだと気づいていなかった

社会人になった直後の3ヶ月ほど寮で暮らしていたのだけど、自転車なんてなくていいや、と思って引越のときに持ってこなかった。

小学生の頃からずっと自転車に乗っていて、自分の自転車無いというのはそのときがはじめてだったのだけど、日々募る自転車への思いに気がついたとき、自転車がどれだけ便利なのか、好きだったのか、ということを思い知らされた。

その頃は今みたいにクロスバイクとか全然流行っていなかったのだけど、クロスバイクというのがあるというのを知って、クロスバイクを買った。


待ちに待った自転車が届いた夜に、会社から帰ってきて、これまでは歩いていた駅までの道を走った爽快感は忘れられない。すごい快感だった。こんなにも快適なものだったのかと感動した。3ヶ月の自転車断ちのあとのママチャリじゃないクロスバイクという走る性能がそれなりに高い自転車だった、というのもあると思うけど、自転車がないあの欠落感を忘れることはできない。

自転車って、すごいよね。オリンピックレベルの陸上選手だって、私みたいな非力な素人が自転車に乗っているのと変わらない時速だと思うとほんとにすごいと思う。自転車ってすごいよなー。

自分のペースで移動できるのはとてもキモチノイイコト

バスや、電車だと、遅延したり満員電車だったり、移動するために伴う不快なことというのがとても多いのだと言うことに気がついてしまった。自転車だったら終電もないし、痴漢に遭遇したり(たぶん)しない。

22時過ぎに会社を出て、「ああ、これから電車かぁ。。」と憂鬱になることもない。むしろ、自転車に乗って風を切る気持ちよさがストレス解消になっている。ああ、なんてキモチイイ!と思いながら帰ってこられるのはいい。


雨だって雷だってカッパがあればへっちゃら!電車やバスに乗る不快感に比べたら快楽だ。子どもの頃、カッパと長靴で雨の日が楽しいと感じていたあの感覚。カッパを着たときの無敵感はなかなか他では感じられない。

直営ショップが近いメーカーの5万円ぐらいの自転車を買うのがいいと思う

ママチャリからなら、最初は5万円ぐらいの自転車で良いと思う。私はずっとママチャリに乗っていて、5万円ぐらいのクロスバイクを買って、その次に15万円ぐらいのクロスバイクにしました。自転車沼は怖い。レンズ沼並かもしれん。

ロードバイクも乗ってみたいのだけど、車道走るのが怖すぎるのと、エンジン的にも道路状況や信号なんかも考えるとそんなにスピードを出せないので、今の生活だとロードバイクというかドロップハンドルにするメリットは薄そう。多摩川沿いとか長距離をそれなりの巡航速度で走る機会があるならいいかもしれないけど。

Giantは今はもう通販で買えなくなったけど、通販で買っても、SpecializedもGiantもメンテナンスはやってくれる。TREKもやってくれると思う。Giantは店舗が広め。

最近はTREKのフルカーボンのクロスバイクが欲しいのだけど、そんなにマメにメンテナンスしないし、別にスピード出して走るわけでもないし、長いときでも1日30kmぐらいしか走らないし、ラフに扱うのでちょっともったいない。

メンテナンスはプロにまかせる

最初の頃は全部自分でやるぞー、と気張っていたのだけど、実際のメンテナンスは、別に自分でやらなくてもいいと思うようになった。

ただ、知識はあった方が、自転車屋さんと話したり、自分で簡単なメンテナンスはできるので一冊ぐらいは読んでおくのがオススメ。

都内や首都圏ならばメンテナンスしてくれる店は結構あるから。街の自転車屋さんだとママチャリしか見ないとか、その店で買った自転車しかメンテナンスしないとか、自転車屋のオヤジとしてのプライドとか自転車好きとしてのプライドはどこにいっちまったんだ?と言いたくなるような店も結構あるけれど。


メンテナンスをお願いしてしまっても、そんなに高くないし、自分の命を預けるものなのでプロに依頼した方が安心感がある。


都内だと、Giant、Specialized、TREKあたりが比較的アクセスしやすいところに店舗を持っている。
TREKは六本木ヒルズにあるので、お出かけついでにメンテナンスできていいかもしれない。Giantは空いているみたいで預けなくても済んだ。Specializedは、混んでいるのかちょっとしたメンテナンスでも預けないといけないので自転車で行っても帰りは電車になってしまって困る。

荷物はどうする?

荷物は持たない。と言うわけにもいかないので、登山用のリュックだと蒸れなくて快適。
ただ、自転車を降りてしまうとsamaにならないのがタマニキズ。
登山用のグッズは機能を追求しているので好き。機能がイマイチだったら命に関わるから、機能に関して妥協がないのはすばらしい。

道に迷う

ポケットマップは必須。都内は道がややこしくて良く迷う。迷っても、すぐに駅があって、全然違う駅だと言うことに気がつくのでそんなに酷いことになったことはないけれど。

方角がわからないとポケットマップがあっても迷うので方位磁針も欲しい。
まぁ休日ならば迷うのもまた楽しいけれど。




やっぱり危ないことはある

自転車はいいことが多いと思うのだけど、やっぱり電車やバスに比べたらリスクは高いのは否めない。
大きな車道を走るのはやっぱり怖いし、夜道で街頭が少ないところは路面が読めなくて怖い。
ライトは前後に必須。

車道を走るときに、路駐している車を追い越すときに後ろを確認するためなんかにミラーが欲しいのだけど、それなりにかっこよくて使えそうなミラーが見つからない。

自転車生活に必要なもの

  1. それなりの自転車
  2. ライト
  3. カッパ
  4. ポケットマップ
  5. 方位磁針