読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死刑執行員制度は一石二鳥

法律

id:Prodigal_Sonさんの下記の記事のタイトルだけ見て、こんなことを考えました。


私は今のところ、無期懲役がないなら死刑しか選択肢はないのかなぁ、というぐらいしか考えはないので、死刑についての是非はよくわからないのでおいておきます。


「人を殺したくて仕方がない人」が、世の中に一定数いるのならば、死刑執行員を殺人願望を持つ人たちが担えるようになれば、よいサイクルにならないだろうか?死ぬべき人がいて、殺したい人がいる。それはwin-win(誰にとって?)というか需要と供給の美しい均衡点というか、じゃあなかろうか?


殺人願望があるひとで、死刑執行のような形で人を殺しても満足できる、という人はどれぐらいの割合なんだろうか?


殺人願望がある人がいて、誰かを殺したくて殺したくて仕方ない、そういう人がいたときに、

  1. 死刑囚を殺すか、
  2. その辺歩いてる人を殺すか、

どちらを選んで欲しいか、という選択だと2を選ぶ人はあまりいない気がする。
死刑囚を殺す、という選択肢があれば、死ななくて済む人もいるだろうし、これまでも救えた命があったのかもしれない。



戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)
デーヴ グロスマン
筑摩書房
売り上げランキング: 9157