読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(ネタバレ)感想:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 またエヴァを映画館で観れるなんて思ってなかった

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破を日曜日に観てきた。

やっぱりEvaは面白いな。10年前を思い出す。
10年前、ああ、これで私の中でエヴァは終わったんだ、と思ったのに。
また、映画館でEvaを観てワクワクできるなんて思わなかったな。人生はわからないものだ。

昨日公開で今日観たからいいものの、観ようと思っている場合は早く観た方がうっかりネットでネタバレ感想に遭遇してがっくし、なんてリスクが減るので早めに観た方がいいかも。今日観に行った映画館だと満席だった。10年前のように並んだりはしていないみたいだけど。

エヴァ世代

人生の大切な時期にEvaに出会ってしまい、人格とかの形成にも影響しているように感じる。
OSというか、Kernelというか、人生観というか、そういったものを形作るひとつの要素にEvaがなっているような気がする。

ガンダム世代とは違って、何でもかんでもガンダムにたとえるように表面には表れないけれど、エヴァ世代はエヴァ世代でなにか共有しているものがあるのではないだろうか。

新キャラ

メガネ女子の声が心地よいなぁ良い声だなぁもっと聞きたいなぁと思って観ていたのだけど、エンドロールを見るまで坂本真綾だとは気づかなかった!不覚。そりゃ好みの声だろうなと納得。


あのキャラはマーケティング上の理由から追加されたのかもしれない。
メガネ属性、天然、謎キャラ、語尾がにゃーっとか言っているとか「君、いいにおいがするね」とかカヲル君にも通じる胸きゅんというか萌えポイントが多い。

ただ、せっかく追加した新キャラなんだからもっとしゃべらせればいいのに、というのは真綾であるということからのひいき目か。いきなり死ぬのかと思ったけど死ななかったな。

映像:表現としてのアニメの成熟を感じる

CGと、アニメの融合にほとんど違和感を感じなくなった。
使徒の表現とか、メカ系の表現はたまらなくカッコイイ。TV版のときよりもずっといいな。
映画を観ている間、無意識に身体がこわばっていて、肩こりそうだった。

音楽の使い方

今日の日はさようならとか、翼をくださいを、ああいう風に使うのは天才的。
ものすごい強い印象に残るし、今日の日はさようならが持つ不気味さが際だって非常によろしい。

スタッフ

エンディングロールで、鬼頭莫宏の名前があってびっくりした。こんなところで!

疑問とか

アスカはどうなった?

浸食されたときのあとが、とか脳内汚染が、とか言っていたけれど、どうなっちゃったのだろう?

月で何しているの?

なんで月?

なんとかの限って何?

ヒトの神経網みたいな形していたけど。

レイが別人

甘酸っぱい感じ。

シンジがモテモテ

アスカが素直で甘酸っぱい感じ。

ミサトさんも甘酸っぱい

ほほ赤らめる表現は破からだよね?
ナディアとかだとあったかな。

海洋なんとか研究所が命の樹

特に複線にはなってなさそうだけど。


カヲル君の「今度こそ」

今度こそというのは、どの時点からの今度こそなんだろう?

Q

Qなの?