読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本パイプクラブ連盟は嫌煙派が運営しているのではなかろうか

健康

喫煙する人たちが自分たちを守るために運営しているのかと思っていたのだけど、コラムを読む限りはそうは見えない。

なんて、こういう人たちがいたからこそ喫煙所がなくなるんだよねぇ。。
ルールを守らずに吸うから法による規制が必要になるのがどうしてわからないんだろうか。


タバコを吸わない人に配慮しながら肩身の狭い思いをして吸っている人たちから見たらこういう喫煙者は地獄に堕ちろという感じじゃないだろうか。


ふと視点を変えてみると、喫煙する人たちに対する憎しみを煽っている日本パイプクラブ連盟は、嫌煙派による策略なのかもしれないし、そういう視点だと日本パイプクラブ連盟は成功している。
こんなコラム読んだら、喫煙穏健派の人だって喫煙許すまじ!となるんじゃなかろうか。穏健派すら敵にしてしまうその手腕は見事だ。


タバコは臭いので、ニコチン静注して、保険証は取り上げもしくは喫煙者の保険料は割高にしてくれれば別にいいのだけどなぁ。早く飲食店は禁煙が義務づけられないかな。