読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に対する高濃度ビタミンC点滴療法の効果は? 代替療法は人体実験?

最近、本屋さんで高濃度ビタミンC点滴療法の本を見かけるのだけど、血中ビタミンC濃度を高くすると癌が治る!というのが売りみたいだ。


ここ数年、親戚が癌になることが数件つづいて、そのたびに他の親族からパイロゲンや、水素水、九州の神社のお祓い、引越を進める占い、といったものを人体実験されて、そのまま命を落とす、というのを見てきた。


パイロゲンで癌が治らなかったのに、親戚の死後もパイロゲンを薦め続けられるのはなぜなんだろう?癌が治らなかった、という事実をどういう風に受け止めているのだろう?善意だからといって人体実験していいとは言えないと思うし、残された家族はどう思っているんだろう?


もしも、今家族が、大切な人が癌になったら、私はビタミンCを使うことを薦めると思うし、家族だったら絶対に飲ませるか点滴をさせる。経口摂取の効果が最近の研究だとどうなっているのかわからないけど、高濃度ビタミンC点滴療法については調べておこうと思う。


僕は今、大切な人が癌になったら、ビタミンC関係の治療法を選ぶような気がする。これだって、エビデンスを確認できなければ代替療法を薦めるのと大した違いはない。エビデンスを確認しておこうとは思う。


高濃度ビタミンC点滴療法は、それなりにエビデンスも出てきているみたい。とりあえず論文を2,3読んでみることにしよう。

倫理的な理由から二重盲見試験が行われないらしい。
うーん。それは行ってもらわないと判断ができない。。確かに偽薬の量が多すぎるのは納得。

経口でのビタミンCの摂取の効果もポーリングの本だとエビデンスがそれなりにでていたような気がするけれど、古いのかな?

それなりにエビデンスもでてるみたいだが、人体実験の感は否めないな。。思ったよりも安いのは救いか。
どうしても、証拠も何も出ていないパイロゲンや、なんとか水移動のご案内ですを癌の人で、藁にもすがる思いの癌患者で人体実験するのは人としてどうかと思う。

ろくな証拠も示せない治療法を末期癌患者に高額の自費治療で行って、お金をむしり取るなんてヒポクラテスの誓いを忘れたの?と問い詰めたい。タダならまだしも、それだって倫理的な問題は残る。

こういった代替療法を主張するところは、決まって治った症例しかださないけれど、治療法を行った患者が1年間に何人いて、治らなかった人が何人いて、治った人*1が何人いたか、と言うぐらいの数字は出すべきじゃないだろうか?


治った例ばかり示されるけれど、極端なことをいえば毎日味噌汁を飲んでいたら癌が治った!味噌汁で癌が治る!という主張も可能なわけで、因果関係がさっぱり判断できない。


治療法の統計データの処理がどういうふうにするのが正しいのか知らないけれど、それぐらいの数字は出せるでしょう?出せないのは何かまずい数字が出ているからなのかな?と疑う。



ビタミンCがガン細胞を殺す (角川SSC新書)
柳澤 厚生
角川SSコミュニケーションズ
売り上げランキング: 16921
おすすめ度の平均: 4.5
5 すばらしい本にであって
5 ビタミンCはすごい
5 メリットは副作用が無い事、デメリットは保険が利かない事
5 ガン治療の画期的代替療法を日本に紹介
2 ビタミンCの再認識

読んでみるか。眉唾眉唾。
といいながら、ここ10年ほど、経口でのビタミンCを毎日3g程度摂取している。98-2001年ぐらいは、毎日15gほど摂取していた。
インフルエンザになったのはこないだの一回だけ。ならないと思ったんだけどなぁ。効かないのかなぁ。




喘息に対するステロイド治療を否定するホメオパシー - NATROMの日記こちらの記事でNATROMさんが言っているように、そういった代替療法を医療関係者から薦められたら、

ホメオパシストが「ステロイドは良くない」とアドバイスをしたときに、言質をとってください。文書にして記録してください。

言質を取っておくのは大切なのかもしれない。ボイスレコーダでもいいし、きちんと準備しておこう。

*1:5年生存率とか?