読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引越プロジェクト発動

仕事の都合とかいろいろとあって、今年中に引っ越すことになったのが昨日。

平日は仕事だし、週末は予定が入っていることが多いしで全然時間の余裕がないので、昨日から今日にかけて物件を探すために不動産屋さんに何件か問い合わせと、引越の見積もりを依頼した。

不動産屋さん

不動産屋さんは、対応が結構ばらつきがあって、問い合わせのメールをしてもさっぱり返事が来ないところと、即返事が来て一日に何度もやりとりができるところに別れてる。

電話だと他の作業が中断されてしまうので、メールのレスポンスが早いのはいいな。
内容を同居人に転送すれば話は早いし。

athomeと、Homesを主に使っているけど、だいたい出ている物件って同じですね。
できれば自社扱い物件にしたいのだけど、ああいうサイトからだとわからないのが難点。何かわかる方法あるのかな。


メールを5,6通やりとりして、明日午前中に物件を見に行くアポを取った。

引越屋さん

引越屋さんを選ぶための合い見積もりサイトも乱立しているみたいで、合い見積もりサイトはどこがいいのかのためのサイトが必要とかわけのわかんないことになりそう。

とりあえずSBIというブランドと、検索に引っかかったという理由で
<引越し>手間とお金を節約!引越し見積もりで厳選の業者を徹底比較!|引越し 見積もりなら引越し達人セレクト
で合い見積もりを出した。

ポチッと送信ボタンを押して2分も経たないうちに電話が来たのはアリさんマークのところ。
そのレスポンスの早さはすごいな。びっくりした。

その次がアート引越センターで、1時間後ぐらいに連絡が来た。
その後でサカイ引越センターから連絡が来たけど、この二社は区以下の番地までわかっていないと見積もりが出せないという対応で、決まったら連絡クレ、というのを電話してきた。

注目すべきは、メールでの連絡を希望していても電話してくることで、しかもその内容がメールで十分事足りるという鈍感さはなんとかならないものだろうか。電話だと他の作業中断されるからやめてほしいんだけど。

アリさんマークは、区以下がわかんなくても見積もりしてくれるらしい。

引越会社は、差別化がはかりづらいから即連絡する、と言うような点でしか他者との差別化をはかれないからがんばってるのだろうか、と同居人と話した。確かに、どこでもイイと言えばいいしな。安いに越したことはないけどもそりゃ。


合い見積もりサイトも、本当に各社に同時に合い見積もり依頼が飛ぶだけで、その後各社からバラバラに連絡が来るのであんまり嬉しくないな。仲介してくれればいいのに。面倒。

今借りているところ

サンステップ、という管理会社なのだけど、何かと対応が酷いので解約でもイヤな思いをしそうな予感がします。

解約は一ヶ月前までに書面で通知、だそうな。

その他準備

ICレコーダー買っておこう。契約関係だと録音しておいた方が良いことが多そう。